おすすめの本

おすすめの本

☆おすすめの本☆ 物理学者の墓を訪ねる ひらめきの秘密を求めて 山口栄一著 / 推薦者:伴周一(一般教育)

とってもおもしろいです!聖地巡礼?!いえいえもっともっと意味深く・楽しく・息吹がきこえる一冊です。物理学者の思いがつながります。思いがつたわります。偉大な功績を残された物理学者ってどんな人だったのでしょう?有名なボルツマンのおっかない顔のあるお墓はどこ?どうなっているの?行ってみたくなります。
さて
「なぜなら,存在するものは,われわれがその存在を感じるが故に存在するのではない。また,それが存在しないのは,われわれがその存在を感じないからでは,さらにない。それがそこに存在するからこそ,われわれはここに存在し,ずっと存在し続ける。だから,あらゆる存在は,すべて唯一の存在である。そして,誰かが死んでも,優位いつの存在はそこにいる。それは,君に言う。彼は途絶えたのではないと。」
は誰のお墓に刻まれているのでしょう?「存在」と「尊厳」をつよくつよく語りかけてくれています。ぜひぜひ探してみて下さい。
 さらにこの1冊からは,ぜひ次の二つの言葉を見つけてほしい。
「諦めるのはまだ早いよ。」
「おもしろおかしい」人生があるから若者が鼓舞されるのである。
なんて素敵ことばでしょう。是非どうぞ!超おすすめです!

図書館ではこの単行書を所蔵
駿:420.28||Y24,船:420.28||B

※表紙画像は紀伊國屋書店BookWebから提供されています。
こちらをクリックすると紀伊國屋書店BookWebページが開きます。

ページトップへ