利用案内

 

学生・教職員の方

対象……理工学部学生・短期大学部学生・大学院理工学研究科・教職員

貸出・返却・予約

貸出

学生証(教職員は身分証)と図書を一緒にカウンターに提出し、手続きをしてください。

対象 貸出冊数 貸出期限
学部学生・短大生・大学院生・教職員 5冊 2週間

貸出の延長は貸出期間内に限り1回までできます。学生証と図書を持参の上、カウンターで手続きをするか、または、OPAC利用者サービスから延長手続きをしてください。
なお、他の利用者の予約がある場合は延長ができません。
なお、貸出延長は、お申し出いただいた日、またはOPACで申請日から2週間です。
延長手続きのしかた
禁帯出のラベルのある図書は、館内閲覧のみです。
駿河台図書館では、雑誌、参考図書、一部の図書は当日利用となります。

返却

図書及び雑誌をカウンターに提出して手続きをしてください。
返却期限を過ぎた場合は、超過日数分を貸出し停止とします。

予約

貸出中の図書は予約をすることができます。カウンターで予約手続をしてください。その本が返却された後に、優先的に利用することができます。

館内閲覧・複写

館内閲覧

館内では資料を自由に閲覧できます。利用後は、必ず元の位置に戻してください。
資料の配置についてはフロアガイドをご覧ください。

複写

図書館資料をコピーする場合に限り利用できます。
著作権法により、1冊全ての複写は禁じられています。

持込資料・ノート類の複写は固く禁じます。

教員用の複写は、次のとおりです。

  • 【駿河台】カウンターで手続の上、4階教員用複写機を利用してください。
  • 【船橋】 1階教職員用複写機を利用してください。

検索・レファレンスサービス

図書館資料の検索(OPAC)

図書館所蔵の資料はOPACで検索します。蔵書検索(OPAC)をご覧ください。
OPACとはOnline Public Access Catalogの略で、カード目録に代わってオンラインで資料が検索できるシステムです。

レファレンス・サービス

図書館の利用方法や資料の所在、入手方法がわからないときは、遠慮なく相談してください。
係員がお手伝いします。

相互協力

船橋・駿河台間の文献複写・現物貸借

船橋、駿河台両図書館の資料は文献複写、現物借用等で取り寄せることができます。申込用紙に記入の上、カウンターの係員に提出してください。

他学部・他大学への文献複写・現物貸借

理工学部図書館に無い資料は、他学部図書館や他大学図書館から文献複写、現物貸借等で取り寄せることができます。カウンターの係員に相談してください。

日本大学の他学部図書館を利用する場合

他学部図書館は、学生証を持参すれば、閲覧および複写の利用ができます。
貸出が可能な場合もありますので係員に相談してください。
なお、一部利用が制限される場合がありますので、事前にカウンターの係員に相談してください。

他大学図書館を利用する場合

他大学図書館の資料を直接利用する場合は、事前にカウンターの係員に相談してください。所蔵状況を確認し、所蔵館への紹介状を発行します。

  • 相手館との確認事項があり、紹介状発行には時間がかかる場合がありますので、余裕をもって申し込みをしてください。

他大学図書館の見学について

通常、図書館の紹介状は資料の利用を目的としたものであり、見学目的の紹介状は発行できません。
授業などで他大学・他機関図書館の見学を希望される場合は、下記のとおりお手続きください。

  1. 授業で他大学・他機関図書館を見学したい場合(団体)
    授業の担当教員が人数などを取りまとめ、見学したい図書館(相手館)にお問い合わせ・お申込をしてください。
  2. 授業以外の理由で他大学・他機関図書館を見学したい場合(個人)
    個人的な理由での見学希望につきましては、本学図書館では基本的に紹介状を発行いたしません。
    ただし、「卒論研究に必要」など、特別な理由で個人での見学をご希望の場合は、理工学部図書館のカウンターに相談してください。


開館カレンダーはこちら

ページトップへ